自己破産について解説

気になる自己破産の事

自己破産とはどのようなものか?基本を解説します。

自己破産について解説

「破産」とは、借金等で経済的に破綻してしまった際、自分の最低限の生活必需品を除いた財産を全て処分する代わりに、返せない分の借金は帳消しにしてもらうということを言います。

自己破産を裁判所に申し立てして、支払いが不能なことが認められれば、破産手続が開始されます。

支払不能かどうかの判定は、申立人の収入と資産状態によって大きく異なります。

自己破産をすると、いわゆるブラックリストとして信用情報機関に登録されます。

その後は5~10年ほどその履歴が残り、その間はお金を借りたり、あるいはクレジットカードを発行したりすることが難しくなります。

自己破産をしただけでは借金が帳消しになるわけではありません。

自己破産決定後に、免責決定を受けてはじめて借金がなくなります。

免責が決定し復権すると、ようやく公私の資格制限も無くなり、普通の生活が送れるようになります。

このように書くと自己破産はなにがなんでもしない方が良いと思いがちですが、そんなことはありません。

むしろ自己破産を選択する事でその後の生活が改善されることもあるのです。


※詳しくは自己破産をお考えの方は|リセックをご覧ください悩んでいる方はまずは自己破産について正しい知識を得て、そのうえで自分が自己破産をした方がよいのかどうなのか、専門家に相談する事がのぞましいのではないでしょうか。

PICKUP記事

SIDE MENU


Copyright 気になる自己破産の事. All Rights Reserved.